UA-120054475-1

相続時精算課税の贈与税の納税猶予における問題点は平成31年度改正で解消しました(再投稿)

2163PV

平成31年度税制改正 事業承継税制

措法70の7の13項9号は下記に改正されました 措法70の7 13項 九号 第1項の規定の適用を受ける経営承継受贈者が第十五項、第十六項又は第二十一項の規定により猶予中贈与税額の全部又は一部の免除を受けた場合において、第 […]

遺留分

446PV

平成31年度税制改正 事業承継税制

2018年民法改正、遺留分侵害額請求権といわれる形成権である金銭債権 基礎財産=被相続人の財産+贈与財産-相続債務 共同相続人に対する贈与(特別受益)は相続開始前10年間(1044条3項) 上記以外は、1年以内の贈与(1 […]

複数受贈者の論点

438PV

事業承継税制

複数受贈者規定は、70の7の5において第1項2号の贈与要件と2項6号ニ(2)の特例経営受贈者要件がある。 ここで重要なのは、1人か1人又は、2人又は3人かは、結果としての受贈者の数ではなく、いずれにおいても、同一の特例贈 […]

贈与税の納税猶予において株式譲渡等により期限確定した場合は暦年課税と相続時精算課税のどちらは有利か

584PV

事業承継税制

全部期限確定の場合の暦年課税と相続時精算課税の税率比較 自社株 暦年課税贈与税税率 配偶者及び相続人2名で他の財産が1/2ある場合同額ある場合の相続税額 相続時精算課税を選択した相続時税率 後継者が孫で2割加算の適用があ […]

ページの先頭へ